家族写真出張撮影のフォトジェニックキッズ

ご家族の一生の記念に残る贅沢なプライベート出張撮影ならおまかせください

メーカー様5社と【家族写真の出張撮影】を愛するプロカメラマンの会

July 19, 2018

※お写真はぼかしを入れています。

今回は、カメラマンまたはカメラマンになりたい方向けの話です。

私、2009年から出張撮影をしておりまして、それぞれ別々に活動するカメラマン同士の横のつながりの会があったらいいな!と思ったことがきっかけで

【家族写真の出張撮影】を愛するプロカメラマンの会

という会を運営しております。主にそちらにて呼びかけました

プロカメラマン向け写真集研究会

のご報告です。

銀座の歌舞伎座裏手の会場にて。会場を広くして取り直してまた満席→キャンセル待ちとなり、たくさんの同業の家族写真出張カメラマンさんとメーカー様5社7名のご担当者様が集まりました。

七五三、お宮参りなどの出張撮影で撮られたお写真

今は、データがあればもう充分という風潮がありますね。

たしかに撮ったばかりの今はそれでも良いのですが、30年後お子さまがパパママになっている頃まで、そのデータってあるかなあ?

メディアの規格が変わったりとか、、パソコン新しくするうちに、、とか、、色々な可能性があると思うんです。

今から30年というより、今までの30年を考えてみると、わかりやすいかも?

30年前って富士フィルムの写ルンですが発売されたばかりの頃ですよ!!

うーん。30年。長いですねー。

家庭用のパソコンが普及してきたのだって20年くらい前からじゃないですか?

フロッピーディスクなんて、今の若い方は知らない古いメディアですが、ウィキペディアによると、2000年間頃までノートパソコンにも内蔵されていたそうです。

そう考えるとこれから先の20年30年ってどんな進化が起こるのかなあってわたしには全く見当もつきません。

タイムリーに今、うちの子供の保育園で卒園アルバムを作るために赤ちゃんの頃の写真を集めていますが、どうしても赤ちゃんの頃の写真が無いからということで、スタジオで撮った写真をという方もいますし、本当に一枚も見つからないっていう方もいらっしゃるんです。

データはもちろん大事だけれど、データだけじゃなくて、カメラマンのほうでも、形にするお手伝いをする必要があると思っています。

パソコンが壊れても、メディアの規格が変わっても、スマホを替えても形に残るものが必要って思うんです。

データを残すには、

1そのメディアが壊れず

2規格も変わらずに保持されること

って漠然と思いますけれども本当は、

「保管した人がどこに保管されているか知っていること」

も大事です。漠然とハードディスクがあっても持ち主でなければ何をどう保存したか外から見てもわからないですし。

まだ、ハードディスクなら家にあるからいいですけれど、クラウドサービスなんか利用していて、本人がいなくなってしまったらどこにあるか見当もつきません。

だけど、紙はちゃんと残ります。受け継げます。

日本最古の紙は正倉院の702年飛鳥時代のものらしいです。

プロ向け写真集のいいところは長く保管することを一番に考えられていることだと思います。

家宝みたいにしてご自宅の蔵に1,000年以上残しますか!?

いや、1000年は流石に長いかも知れませんが、10年程度でデータが見つからなくなってしまったら涙

それからこれも意外と目を向けられていませんが、ママもパパも例外なくとっても忙しくありませんか?

なんとか時間を見つけて作ろうとするけれど、完璧に作りたい、、。

ちょっと待ってまずどのフォトブックを選べば完璧なの?、、、というところから始まって、結局作れなかったというお話もたびたび伺います。

忙しいパパとママは、ぜひプロカメラマンに写真集制作までご依頼下さい!!

当日カメラマンの皆様にアンケートを撮ったら、平均17時間5024かけて世界に一冊の写真集を編集しているということがわかりました。

もちろん一日にそれだけの時間は撮れないので、平均して4.26、写真集の制作にかかっています。

心を込めて作っていますよ♡♡

幸せなご家族の写真を未来に残すために、写真集の未来についてメーカーさんと私たちカメラマンで一緒に考える機会、とても有意義だと思ったんです。

プロ向けの写真集メーカー様5社から7名のご担当者様がお越しになり、プロカメラマンなら知らない人は居ない、プロメディア様が雑誌スタジオNOWの取材にお越しいただくというご盛況っぷり。

全体で考える時間と、グループで話し合う時間を設けまして、メーカー様にもカメラマンの声を届けられました。

プロ向け写真集メーカー様気になるなー

って思った今までデータ納品中心のカメラマンの皆様、ぜひプロメディア様主催のフォトネクストに行ってみてくださいね。

大きな展示場にたくさんの企業のブースがあり、見本を手に取って見られる機会です。

プロ向け写真集がたくさん集まる、日本で唯一の機会です。

2019年6月に開催です。

http://www.photonext.jp/

絶対行く!でもそれまで待てないよ!

と言う方はぜひ、フォトジェニックキッズのプロカメラマン向け講座ご受講ください♡

今なら七五三出張撮影の時期にも間に合います!

写真集の活かし方含め、ご案内させていただきます。

最後にアンケートを集めて、この人にこれを聞いてみたい!な話を突撃インタビューしました。

※お写真はぼかしを入れています。デザイナーでフォトブックアドバイザーでもあるメモアルの徳本さん撮影ありがとうございます。

http://memoal.jp/

ご参加された皆様のご感想です。

MIHO MAEBAさん

光家さん、皆様昨日はありがとうございました。
皆様の素敵な作品を拝見して、大変刺激になりました。素敵な写真集などを見せてくださった皆様ありがとうございました!!
皆さんのお話を伺って自分の消極的なアルバム販売を反省。これからアルバム頼むのが当たり前になるくらい日頃の情報提供や事前のご案内等も含め、ちゃんとご提案して行けるように色々試してみます。
こちらが提案する事でお客様も安心して思い出を残していただける。こちらも写真を大切にしていただく事に繋がりますね!!
本音で本気でお話しできる皆様との繋がりに心から感謝しています!
長文乱文失礼いたしました。

http://cherishphotograph.wixsite.com/miho

門出格宏さん

昨日はありがとうございました。

皆さんの悩み(切実)が結構共通したもので、それを共有できたこと。

そして、カメラマンとして、100年先に残せるものをお客様に提供していく使命を改めて強く感じました。
(同じ想いを持ったカメラマン、メーカーがこんなにたくさんいることがとても嬉しいです。)

https://photokansha.jp

Sayumiさん

形にすることの重要性を実感しててそこを伝えたい!と思っているのに、全然そこを出張時に伝えられてない自分への喝をいれるべく参加しました。

結果、喝がしっかり入りましたw

刺激いっぱい、同じ想いの方もたくさんでとても濃い時間でした。ありがとうござます!

この想いを行動に移せるよう考えていきます。

光家さん、ホントにありがとうございました!

https://ameblo.jp/sayumi-photo/

フォトブックイベントと七五三写真集の話

こちらこそとっても素晴らしい経験でした。

メーカー様に声を届けたいといっても私一人では微力なのでこうしてたくさんのご活躍中のカメラマンの皆様に集まっていただき本当に有意義でした。

今回、集まった方々は写真集の良さを広めたいという皆様です。

今はデータのみで納品する手法も多くなってきたと思いますが、、、ぜひもっともっと当たり前になるように写真集の良さを広めたいなあと思っています。

また何かイベントをしたいなあと思っています。

今回は主に運営しているグループ内で募集させていただきましたが、次回はフェイスブックのページでも告知する予定ですのでご興味ある方はぜひ

https://www.facebook.com/フォトジェニックキッズ-1389288528068059/

チェックしてみてください。

今度は出張カメラマンの皆様向けのもっと幅広いイベントと絡めて、「データ納品がいい」って思っているカメラマンの皆様にも自然にお集まりいただけるようにして、

結果、

「写真集取り入れようかな」

と思っていただけたらいいなと秘めやかに思っています。

そうしたらもっともっと多くの御家族の未来に写真集を残せると思うんですよね♪