家族写真出張撮影のフォトジェニックキッズ

ご家族の一生の記念に残る贅沢なプライベート出張撮影ならおまかせください

コンセプトのある写真集を作ってみたくなり

April 13, 2019

コンセプトのある写真集を作ってみたくなり

長女が6年生になりました。

入学した頃の写真と比べると本当に本当に大きくなりました。

ちなみに次女も同じスーツで入学式に行きましたが次女のほうが大きいようで袖が短いです。

次女が入学したので桜とランドセルの写真を撮ってきました

 

で、今回の目的は、、

コンセプトのある写真集を作ろう!ということです。

ちょっと大きくなった娘との微妙な距離間のデート、そしてああ、大きくなったんだな、ついこの間までママやパパが一番好きだったはずなのに自分の世界を持つ娘、

そこに気付いたママっていうセンチメンタルな感じがテーマ。いや、パパが主役のほうがいいかな、半分フィクションのような。

何を隠そう、普段私が感じていることでもあるんですが。

写真集として仕上げるのが楽しみです。

この日何気なく撮ってきた写真を見て思ったのです

この写真↑何気なく棒を拾ったのですが、、

うちの娘は小さい頃、棒を持つのが大好きで。

いっつも置いてねって。いつの間にかそういうこともちゃんと聞けるようになったと言うか、そんな興味を持たなくなったと言うか。

だってカッコいいんだもんっていっつも言ってたんです。

だけどそんなもの、持った写真も撮りたくなかったし、危ないし、置いてくれるまで待ってたんです。

今探してみても棒持ってるお写真なんて、、、見つかりませんでした。

小学校に入ってもずーっと振り回してたのに。

子供はいつの間にか大きくなるもの。

最近そう感じて。

思春期の今も残しておかねば。

そう感じるのです。

今日。4月13日は十三参りの当日だそうです。

今日は塾でお参りできませんでしたが、今度行ってこようと思います。

11月生まれなのでまだ11歳ですが、数えだと13歳になるそうです。

虚空蔵菩薩にお参りする習わし。京都の法輪寺が有名ですが、東京では浅草の浅草寺で、またはご近所の神社仏閣でも。

お兄ちゃんの時に京都までお参りに行ったのでその時のこともまた投稿したいと思います。

長男の十三参りに、京都の法輪寺に参拝してきたときのこと