家族写真出張撮影のフォトジェニックキッズ

ご家族の一生の記念に残る贅沢なプライベート出張撮影ならおまかせください

ママのための子供写真撮影講座をさせていただきました!

September 13, 2016
ママのための子供写真撮影講座をさせていただきました!

先日、幼稚園のママ向け講習会に写真講座講師としてお招きをいただきました。

約50名様のご参加申し込みをいただきました。

実習を含まないママ向け子供写真撮影講座は珍しく、90分のお時間すべて話しっぱなしでした。

一番の願いはやっぱり

「写真を撮ると育児はもっと楽しい」

ということをお伝えしたい事。

ママたちはとっても忙しい日々を過ごしています。

だからこそ味わってほしい、

「写真は育児のご褒美!」

という感覚。

私も四児の母で、6年生、3年生、1年生、年少の四人の子供がいます。

育児ってとっても大変です。

大変だけれど、一日一日、必ずしも子供の成長を感じられるわけではなく、

「あれ?前は出来てたのにまたできなくなっちゃった(*´Д`)」

とか、

自分がどんなに努力しようとも、どうにもならないという、

もどかしい思いを感じることがしばしばありました。

だけれども昔から好きだった写真だけは、子供の成長をつぶさに記録し続けられる唯一のツールのように私には感じられました。

今、6年生の長男が生まれた日から、、毎日毎日、一日も欠かさず撮りためた写真があります。長男だけでなく兄弟全員分です。

その写真を見ると、、、

一日ごとの違いは感じられないけれども、

その写真を季節が戻るごとにみてゆくと、やっぱり確実に成長していることを確かに感じられるのです。

育児って、誰かに褒めてもらうようなことではないし

ただ、毎日毎日子供と向き合って生活していくことで、

いつか子供は大きくなるんだし、

自分はもっと年を重ねてゆくんだし(-_-メ)

この日々はずっとは続かないっていうことはわかっています。

もちろん、私も日々暮らしているとき、

子供と歩いているとき、

この一瞬はもう二度と戻ってこないんだとか普段から考えているわけでは無いです。

けれども、その、写真を撮るっていうことは、その毎日の、かけがえの無い瞬間、もう、過ぎ去ってしまったら戻ってこないものを確かに記録してゆくことだと感じています。

終了後に父母の会のママからご丁寧なメッセージをいただきました。

*******************************************************************

○○幼稚園父母の会、学級部の○○です。
昨日はお忙しい中お時間をいただき、とても貴重なお話を、本当にありがとうございました。

アンケートをとりましたところ、全てのアンケートが「満足だった」という回答でした。
「正面からのピースサインの写真ばかりなので、横顔や後ろ姿も撮ってみたくなった」
「日常の何気ないシーンを撮りたくなった」
「カメラが欲しくなった」
「カメラを構えることで、心にゆとりが出来る気がする」
など、とても参考になったようです。

写真は身近なテーマでありながら、どうしたら上手く撮れるかなど、コツを知りたいママが多かったようです。
また、光家さんご自身がお子様を育てられているリアルママなので、近い立場で共感することが出来たのだと思います。

私自身、子供の日常を切り取って写真を撮るほど、
最近は子供のことをよく見てないかもしれないと、反省もしました。
笑うだけでなく、泣いたり怒ったりの表情も撮ってみようかな、と思いました。

本当にお世話になり、どうもありがとうございました。
今後のご活躍をお祈りしております。

*******************************************************************

ありがとうございます\(^o^)/

ご満足いただけて何よりです。

もちろんテクニックのこともあれこれお話しさせていただきましたが

写真を撮るということがお子様をいつも慈しむ目で見つめているママへのご褒美になれば。

それが一番皆様にお伝えしたかったことでした。
%e5%87%ba%e5%bc%b5%e6%92%ae%e5%bd%b1%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%88%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%ad%e3%83%83%e3%82%ba-000324886

うちの子供は保育園に預けていますが、、幼稚園にお子様を預けているママさんたち、とくに役員のママさんたちは、毎日のように園で様々な活動の準備をされていることを知りました。

当日は、小さな弟さん、妹さんをお連れの方も一緒にお話を聞きながら授乳ができるようにとカーテン付きの授乳スペースがあったり。

この講習会の後も、運動会やクリスマス会、定期的にママと遊ぶ会があったりほかにも様々な場面で、ママたちの活躍の場面があるそうです。

役員さんのお子さんがママを見かけて駆け寄ってギュっとする瞬間に出会いました。

ああ、、お子さんてママが園にいて、みんなの活動のお手伝いをしてるんだってちゃんとわかっていて、きっとすごく安心しているんだなって思いました。

ママが心をこめて育児をすることは確実に子供たちの心に響いているのだなと感じました。

保育園は必須のイベントはそれほどはありません。

でも、、、よくよく考えると、うちの子の通う保育園、

保育参加というシステムがあり、親が先生役をして、本を読んであげたり、

また、夕方お迎えの時間頃に、クッキングの時間があったりするんです。

すべて申込制なのですが、、。

しかしながら、、保育参加は先生になる体験ということで写真が撮れないので、私は興味があまり持てずに。。。。一度参加したときは子供はそういえばとっても嬉しそうだった。

そして次男が保育園ではいつも喧嘩してばかりのお兄ちゃんのことをすごく自慢していることを知れたり、、、。母としても発見がありました。

そうだ、また保育参加、してみよう!(次男は卒園したんですけど末っ子のために)

幼稚園のママさん、そしてお子さんたちから、私も大事なことを学んだ一日でした。

本当にありがとうございます。。。

※写真は講習会の最後に父母会の皆様からあいただいたお花です。お菓子もいろいろいただきましたね、ありがとうございました。

普段こんな大きな花束いただく機会もないですし、とっても素敵だったので写真を撮りました。

 

%e5%87%ba%e5%bc%b5%e6%92%ae%e5%bd%b1%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%88%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%ad%e3%83%83%e3%82%ba-000325056